治療の実際 8、紹介


8、他の医療機関への紹介 編  立ち会うこともあります
 

 検査、診断、処置など当医院でできないものは他の医療機関をご紹介しています。当医院では責任を持って見届けていくことを使命と考えていますので、当医院から必要な資料を出すのはもちろんですが、重要な局面では出向いていってコンサルテーションや処置に立ち会っています。

 特に提示された治療方針を受け入れるかどうかは重要なことですので、検査の結果をもとに当医院にて相談に乗ることも少なくありません。また治療方針に対して確信を持っていただくためにあえてさらに第二の医療機関を御紹介することもあります。

 

 処置に立ち会うことは先方には負担で申し訳ないとは思うのですが、患者さんにとっては利益が大きいと考えます。なにより、患者さんには安心していただけますし、紹介先の医療機関には慎重な対応をしていただけること、また術後の治療を当医院で行うことも多く、状況がよく分かっているために後がスムーズに移行できること、トラブルがあっても当医院で対応しやすいこと、などがあります。そして、私自身とても勉強になります。

 

 今までに、かみ合わせ治療、抜歯、矯正治療を受けるかどうかのコンサルテーション、骨の造成手術、インプラント手術、口臭治療などに立ち会ってきました。

 

 ある患者さんのコンサルテーションに立ち会った時のことです。その分野の専門の先生は、今の状態、今後の見通し、治療方針など過去の例を交えてとても詳しく説明して下さるのです。

『そんな所まで影響がでるんですかあ。』

『そこまでできるんですね。』

 私にとっては分かりやすい説明で、技術や診断の進歩、その先生のレベルの高さに驚いたのですが、どうも聞かれている患者さんにとってはチンプンカンプンのようでしたので、そのコンサルテーションの後で私が理解している範囲でその患者さんに解説をしたというようなこともあります。

 

 また現在はインターネットがありますので、さまざまな専門分野の知識・情報を手に入れることが可能です。でも単なる「こんなことができます」のような情報は、それを判断できる基本知識や経験がないと振り回されることも多いと思います。

 私は、私なりの知識・経験・価値観から、みなさまが得られた情報を解説するのも役目と考えています。